デザインカラー

 

ヘアカラー/デザインカラーの色々

ベーシックカラーとは?

「ベーシックカラー」とは、髪全体を単一色で染める基本のカラーリングです。頭全部を同じ色で濃淡なくベタ塗りすることから「全頭カラー」とも呼ばれます。単一色のため立体感は出しにくいのですが、薬剤や色、トリートメント等を工夫することによって、艶のある鮮やかな色の髪にすることができます。

ベーシックカラーは、比較的施術が簡単で昔からあるカラーメニューです。施術時間もデザインカラーに比べると短くなる傾向があります。

 

デザインカラーとは?

「デザインカラー」とは、複数の色合いや明暗を使って髪の色を「デザイン」するカラーリングです。部分的に明るさを変えて立体感を出したり、一部のセクションだけを染めてポイントを作ったりすることができます。一部を染めるものを特に「ポイントカラー」や「セクションカラー」と呼ぶこともあります。

髪色のデザインには、「ハイライト」「ローライト」「ホイルワーク」「ウィービング」「スライシング」「バレイヤージュ」「グラデーションカラー(オンブレ)」「ディップ・ダイ」など、様々な種類のカラーやテクニックが使われます。髪の内側だけを異なる色に染める「インナーカラー」も人気です。

明暗や色の差をつけるためには、一般的な「シングル(プロセス)カラー」とハイトーンも出せる「ダブル(プロセス)カラー」を使い分けることもあります。

デザインカラーは、単に色を塗るだけではないため、技術やセンスが必要とされるカラーリングです。また、デザインの内容や分量等によって施術時間が長くなることもあります。

ダブルカラーとは?

「ダブルカラー」または「ダブルプロセスカラー」とは、髪を「ダブルプロセス」で染めるカラーリングです。「ダブルプロセス(Double Process)」とは、二段階のステップを踏むカラーリング方法です。最初にブリーチで髪の元の色を抜いた後に最終的に目指す色味を入れていきます。

ダブルプロセスは地毛に比べてかなり明るい色にカラーリングする時に使われる方法で、黒く赤味も含んだ日本人の髪の毛でも、外国人風の明るく透明感のある色に仕上がります。グラデーションカラーにした髪の毛先だけや、表面に入れるハイライトだけをダブルプロセスで明るくする、といった使い方もできます。

脱色が必要なダブルカラーは、普通のヘアカラーに比べて髪への負担が大きく、痛んで切れ毛や枝毛になりやすいので、トリートメント等で十分にケアする必要があります。

ダブルカラーの特徴

      • ブリーチ+カラーの二段階プロセス
      • ハイトーンカラーを含め、思い通りの色を実現
      • 透明感のある仕上り
      • ダメージ・褪色ケアが必要
      • 複雑でテクニックが必要

 


ハイライトとローライトとは?

デザインカラーで良く使われるのが「ハイライト」と「ローライト」です。どちらも毛流れを強調して動きや立体感を出す効果があり、サロンでも人気のカラーです。

ベースよりも明るく目立つハイライトは、全体に筋状に入れて軽さや動きを出したり、束状にくっきり入れて色の強弱をつけたりと、色々な使い方ができるカラーリングです。所々の毛束を多めに取って明るくすれば個性的に、反対に色味を押さえて細かくスジ状に入れれば自然な仕上りになります。

「ローライト(Lowlight)」とは、ハイライトの反対で、髪のベース色より暗い色を塗って「暗くした部分(髪)」を指します。部分的に「暗くするための色」自体をローライトと呼ぶことや「ローライトを取り入れたカラーリング」の意味で使われることもあります。

明るくなり過ぎてしまった髪にローライトを施術するとトーンダウンして落ち着いた感じになります。カラーを長持ちさせたい方や、少しグレーを残した白髪染めにしたい男性にもローライトが効果的です。前髪や顔にかかる両サイドの髪、襟足などを暗めのカラーにすれば、顔をシャープに見せて小顔効果を狙うこともできます。

 

オンブレ(グラデーションカラー)とディップ・ダイとは?

ここ数年、特にトレンドとなっているのは「オンブレ」と呼ばれるグラデーションカラーや「ディップ・ダイ」と呼ばれる毛先だけを染めるカラーです。この二つは似ていて混同されることも多いのですが、厳密に言うと以下のような違いがあります。

オンブレとは?

「オンブレ(Ombré)」とは、もともとフランス語で「陰影/明暗/濃淡」といった意味で、ファッション業界でもOmbré Dyeing(ぼかし染め)などとして良く使われる言葉です。ヘアカラーでは、主に暗めの根元から明るめの毛先に向かって少しずつ色が変わっていくカラーデザインを指します。日本では単に「グラデーションカラー」とも呼ばれることも多いカラーリングです。

ディップ・ダイとは?

「ディップ・ダイ(Dip Dye)」とは、英語で「染料液に浸して色付けする」という意味で、毛先をヘアカラー剤に浸したように染めるカラーリングです。オンブレカラーに比べて、カラーリングをした部分とそれ以外との境目がより直線的ではっきりしているのが特徴です。また、ショッキングピンクやエメラルドグリーン、ブライトオレンジなど、鮮やかな色が多く使われます。

オンブレの特徴

      • 根元、中間、毛先と徐々に色が変化
      • グラデーションで境目は目立ちにくい
      • 自然な色が使われることが多い
      • ナチュラルな仕上り

ディップ・ダイの特徴

      • 毛先だけに色をつけるカラー
      • 境目は直線的ではっきり
      • 明るく目立つ色が使われることが多い
      • 個性的な仕上り