お知らせ お盆のお休み

salon

今年は4連休頂きまんぼー!

まんぼーとは。。。

 

生態[編集]

水面下に体を横たえるマンボウ

マンボウの稚魚。体に多数のとげを持つ

岸辺や近海に生息するフグが外洋に進出して適応進化したものであり、全世界の熱帯温帯の海に広く分布する。外洋の表層で浮遊生活をしていると考えられてきたが、近年[いつ?]の研究により生息の場は深海にまで及んでおり、海上で見せる姿は生態の一部にすぎないことがわかってきた。発信機をつけた追跡調査で、生息水深を一定させず、表層から水深800m程度までの間を往復していることが明らかにされている[10]。25%程度の時間を表層で過ごす個体がいる一方、別の個体は水深200m以深の深海にいる時間が長かった。水温の変化に影響を受けている可能性が考えられているが、外洋に生息する魚だけに生態はまだ謎が多く、詳しい調査が待たれる。

クラゲ動物プランクトンを食べるということは知られているが、胃内容物からは深海性のイカエビなどの残骸も発見されている。これまで海中を受動的に漂っているだけと考えられることが多かったが、これらの捕食するにはある程度の遊泳力が必要となる。近年[いつ?]、音響遠隔測定による調査で、海流に逆らって移動し得るだけの遊泳力を持つことが示されている[8]

時折海面にからだを横たえた姿が観察されることがあり、丸い体が浮かんでいる様が太陽のようであることから sunfish という英名がついた。この行動は、小型の魚やカモメなどの海鳥に寄生虫を取ってもらうため[11]、深海に潜ることによって冷えた体を暖めるため[12]、あるいは日光浴による殺菌が目的ではないかと考えられている。マンボウは勢いをつけて海面からジャンプすることもあり[13][注釈 1]、これも寄生虫を振り落とすためである可能性がある[8]

メスが一度に産むの数は3億個に達するともいわれ[13]、最も多く卵を産む脊椎動物とされる。卵は親に保護されることもなく海中を浮遊しながら発生するため、ほとんどが他の動物に食べられてしまい、成長できるのはごくわずかである。孵化した稚魚は全身にとげがあり、成魚とは似つかない金平糖のような姿をしている[14]。一時的にとげが長くなりハリセンボンのようにもなるが、成長するにつれとげは短くなり、独特の姿に変わってゆく。

また、全長40cm程度の若い個体が群れを作ることも報告されている

 

参考資料wiki